So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

Blog 引っ越し [徒然]

ペット関連の記事は既に ameblo に引っ越ししてますが、こっちの日常の記事も引っ越しする事にしました。
引っ越し理由はほぼ同じ。

  更新しづらい

これに尽きる。

というのも、少し前に数時間かけて記事を書いていたら、ちょっと誤変換で打ち間違えて画面が切り替わってしまい、ああーーー!!;; と思うも間に合わず、書いた文字が全部消えてしまったのです。すでに夜中の 2 時くらい。八つ当たりといえなくもないけど怒り心頭だし、もう一度書く気持ちにもなりませんでした・・・・

誤変換については、現在の VAIO ノートのキーボードが本当に打ちづらくて、キーボードってのも結構重要なんだな、としなくて済むならしたくない実体験を絶賛進行中なので、本当に嫌になるけど、さておき。

ペット関連の記事で引っ越しした Ameblo は、ここ Sonet Blog に比べると大分使いやすいです。記事を書くエディタは、文字色を変えたりするとエディタの状態で反映してくれるので見やすいし、画像を入れた場合も同様に記事のプレビューのように入ってくれます。

ここのエディタは、文字の装飾するとタグが入ってくるのでテキストライクで美しくないし、プレビューには程遠いからね。

そして先にも書いた、ここの Blog で何度も泣かされた記事が一瞬で消えてしまうような事故も Ameblo では少ないです。どういう仕組みかは知らないけれど、意図せずページが変わってしまった場合でも、キャッシュみたいな感じでバックページすれば残っているだよね。それには何度か救われたしとてもありがいたいです。
(何度もそういう事が起こっているのもどうかと思うが、そこは先に書いたキーボードが打ちづらいせいだ、と思う)

更にもういっこ快適なのは、記事投稿反映の速さ。

何度もで申し訳ないけど、ここ Sonet Blog は、投稿ボタン押してから、「 ただいま記事投稿中です、。お待ちください 」 みたいなページがしばらく表示され、CM 同様の 15 秒くらいのものだと思うけど意外に待つのは長いし、30秒ちかくぐるぐるしている時もあり、そんな時は待ちきれずにイラっとするものなのです。

それが、Ameblo は投稿ボタン押してから 「記事が反映されました」 に切り替わるのが一瞬。

  速っ!  

初めて Ameblo で記事を投稿した時はその速さに感動しました。たぶん、Ameblo が速いというよりはここが遅いのだと思うけどね。


さて、引っ越し先のブログですが、散々褒めた Ameblo ではなく、FC2 にしました。
(正確には、livedoor にしようと思ったけど、やめて FC2 にした)

Ameblo は ID 1 個に対してブログが 1 個しか持てないみたいなので。ペット関連の記事は独立させておきたいので、そうなると ID 2つ だと記事書く時とか面倒そうなので違うサービス、、と探して評判がまあまあ高く、デザインテンプレートが多い FC2 になりました。

新しいブログ 『 徒然 』 (仮)
http://leaf787.blog.fc2.com/

当初、こにある記事をまるごと移そうと考えていましたが、、意外と検索などで記事に辿りついて PC メモとか読んでくれている人もいるようなので、ここにある記事はそのままにすして、日常の備忘録的メモを、新しいブログに投稿していきたいと思います。

直近の予定は、Xperia に関するスマホなんとかしような、の記事と、毎度ながら PC 関連の苦労メモになる模様です。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

破損した CD-R のデータ救出 [PCメモ]

毎度ながら自分用メモ。

数年かけてちまちまと積み重ねてきた Excel マクロの My Tips を保存していた CD-ROM が、ある日突然読めなくなりました。

ディスクドライブに入れたら何度も読み込みしようと PC は頑張ってるみたいだけど(ウィーンウィーン音がうるさい)、結局読めずにディスクが吐き出されたり、いつまでもウィーンウィーン音が止まらずにリフレインな状態。

  なんてこったい;。[がく~(落胆した顔)] ← 毎度のことながら

なんとかデータを救出したくて、、、結局有償ソフトを使ってデータ救出しました。


#### ここから #######

ある日それまで問題なく読めていた筈の CD-R がいつまで経っても PC で読めず(ディスクの中身のフォルダが表示されず)、終いには 「初期化(フォーマット)しますか?」 とかいうメッセージが出てきました。

この CD-R、私がちまちま数年かけて貯め込んできた独学の Excel VBA Tips を入れてる CD でした。

  いやいやいや、データ入ってるから。データ消えちゃうしフォーマットしないから。

と心の中でツッコミを入れるも、何度やっても読み込めない。最初は PC の不調かと思ったけど他の PC でも試したら読めず、、この CD-R データ破損しちゃってるじゃん!(と気づく) となった訳です。

CD-R をドライブに入れると、何度も何度も読みにいっては失敗、みたいなずーーっとドライブが回転して頑張ってるみたいな感じ。

特に手荒に扱った記憶もないのによりにもよって時間かけてため込んできた Tips の CD-R が破損するなんて [もうやだ~(悲しい顔)]



早速、「 CD 読めない」 「 CD 破損 」 とかその辺のキーワードで検索。


↓ この辺のサイトさんが参考になりました。
1) 『 CD・DVDに焼いたデータが読めない場合の復旧方法&おすすめフリーソフト 』

2) 『 CD/DVDを挿入しても読み込まない(認識しない) 』

どちらも フリー(無料) でなんとかしようとしていますけど、フリー(無料)な方法では私のデータは復旧できませんでした。

そして、唯一?復旧できそうだったのが 2) で紹介されている 『 isoBuster(有償) 』 を使う方法。

『 CD/DVDを挿入しても読み込まない(認識しない) 』 のサイトさんでとても分かり易く説明してくれています(感謝)。

とにかく CD-ROM の中身を表示する事(読むこと)すらできなくて、データ自体がもう消滅しっちゃったのかな (><)!っと、絶望的なl気持ちになっていた所で、 isoBuster をライセンスキーを購入していない状態で試してみると、それまでのウィーンウィーンの回転音が正常な読み込み音に変化し、さらに破損した CD-ROM の中のファイルタイトル一覧を表示してくれたのです。

ファイル自体は PC にコピーもできるし、テキストエディタで開くことも出来るので(もちろんエディタで開いても、コード?みたいな羅列が表示されるだけ)、これならなんとか復旧できるかも?

ここで無償でもなんとか出来ないかなー、と大抵の人は思うと思うけど、この先は有償のライセンスキーがないと難しいようでした。

 うーん、ファイルを目の前にチラつかせておいてそこから先は有償で!と、なんとも上手くて憎らしい。


外国のソフトなので 購入は US$?で日本円で 5千円くらいのようです。

安くはないし、一度は復旧を諦めたけど、、、、、会社で新しい VBA マクロコード作っててうまく動かず・・・・あの時出来た筈!という記憶からやっぱりお金をかけても復旧することにしました(この間悩んでて数日経過済み)。



海外のソフトってちょっと怖いんだよね・・・と不安を抱えつつも 「データ復旧」 という誘惑?に逆らえず購入手続き。

そして失敗。(おいおい)

海外ソフトの初ネット購入にビクビクしていたせいで、フォームの入力内容を間違えたようです[たらーっ(汗)]


メアドを Gmail にしたのだけど、ソフトの会社からはライセンスキーの案内ではなく、「アナタの情報が確認できないので電話番号を教えて!」 みたいな内容の英文メールが届きました。

ここにきて電話番号という個人情報を晒さなければならないことにまたまた不安。
ちょっとまたウロウロしたけど、先に進むためには女は度胸!と電話番号を返信、、、そうすると、「 最低でも24時間以内に検討?審議?してお返事しますよ。」 みたいな内容の返信がありました。

 あー、24時間以内・・・勢いのついている今すぐにどうにかしたいのに待ちか・・・

ここまでで相当な時間の情報収集とトライ&アゲインと英語という苦手分野への挑戦(=海外ソフト購入)とで精神的にかなり疲れてましたが仕方ないので待つことに。

ちなみに、今回もらった英文メールの内容は単語しか判りませんでしたが、なんと、Gmail には 『 翻訳 』 というメニュー(機能?)があり(この時まで知らなかった。便利になったもんだ。) この機能のお陰でやや不可思議な日本語をゲットし、自力で判別出来る部分と合わせて推測しながら内容をなんとなく理解しました。

相手への返信も勿論英文で返しましたけど、この時もその辺に転がっている翻訳サイトなどにお世話になりました。添削は誰もしてくれないので通じる英文になっているのかはやや不安でしたが、むこうの担当者さんが不可思議な英文を推測で解読してくれる事を願いながら・・・。

すると意外に早く40分後位にライセンスキー案内の返信がありました。

 Gmail ありがとう!(手軽な翻訳機能を装備してくれて)  担当者さん(変な英語を解読してくれて)ありがとう![グッド(上向き矢印)]


いろんなものに感謝をしつつ(?) ライセスキーの登録方法にまたちょっとウロウロしながらなんとか 『 isoBuster 』 の全機能が使えるようになりました。



そして、使ってみると、本当に 「 あ!」 という間に復旧できて、またびっくり。

手が届きそうで届かなかったものが簡単に手に入ったようなそんな感じ。

すごく優秀なソフトなんだな、と素人感想いっぱいでありました



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

iPad フォトライブラリとフォトストリーム (昨日の続き) [スマートフォン]

昨日のおさらいでもう少し記録しておこうと思う。

まず、iPad の写真管理にはフォトライブラリとフォトストリームがある。

フォトライブラリは、

「設定」 → 「写真とカメラ」 → 「iCloud フォトライブラリ」 を ON にしておくと、

  iPad で撮影した写真などが iCloud に自動でアップロード(同期)される。

  iColud.com サイト から Windows PC で iPad で撮影した写真を見る事やダウンロードする事が可能になる。

 また、アップロードされた写真などのデータは iCloud にずっと残る
  (時間経過で削除されたり容量オーバーで削除される事はない)。



一方、フォトストリームは、

「設定」 → 「写真とカメラ」 → 「マイフォトストリームにアップロード」 を ON にしておくと、

  iPad で撮影した写真などが iCloud に自動でアップロードされる。
  (ここはフォトライブラリと同じ)

  30日過ぎたデータは勝手に削除される

  1000枚超えると 30日経ってなくても古いものから削除される
   (無駄に不要データが溜まらないという利点)。

  iCloud.com から Windows PC で利用する事が出来ない(らしい。未確認)。

  Windows PC でデータを利用するには、「iCloudコントロールパネル」
   のインストールが必要。※


  昨日の時点ではフォトストリームは Windows PC では利用できないと思っていた。   (そういう風に書いてあるサイトがあったからね!)   「iCloudコントロールパネル」をインストールすれば利用できるらしいと今日知ったよ。

  「iCloudコントロールパネル」 は便利そうだが・・・マイドキュメント内に特殊フォルダが出来たり(語弊ありかも)、
  ファイル削除やファイル編集に関して反映の有無が他のアップル社端末と扱いが違ったり、と
  使っていると混乱しそうな要素を多数含んでいると思われ。
  コントロールパネルを使う際には ここ のサイトの情報が役に立ちそう。



私の場合フォトストリームは取り敢えずは使わない予定なので、フォトライブラリについてになるが、

今回、iCloud のストレージ確保の為に保存版な写真を PC 経由で外付け HD に移動して iPad 本体からは削除する、という作業を行った。

iPad から写真を削除する、という作業が iCloud にどう影響するのかイマイチ分からない(自信がない)ので、フォトライブラリの機能は OFF にして、iPad を PC に直接 USB でつないで作業した。

せっせと移動→削除 を繰り返し、ファイル数を 100 以下 まで減らしたのだが、、、
作業が終わってから、試験的意味もあって iPad の 「設定」 → 「写真とカメラ」 → 「iCloud フォトライブラリ」 を ON にすると・・・・・せっかく削除した写真たちのうち、iCloud 上に保存されていたものが iPad にダウンロードされ、あっという間に iPad 本体の写真数は400超えとなってしまった。

ちなみに 、この フォトライブラリ
ON の状態で iPad から写真を削除するとリアルタイムに iCloud からも写真が削除され、
ON の状態で iCloud から写真を削除するとリアルタイムに iPad からも写真が削除された。

ON の状態ではまさにリアルタイムな同期状態であると確認できた。

OFFの場合はもちろんリアルタイムな同期はないが、ON の状態にした時点で iCloud 上の写真は削除されるのではなく iPad にダウンロード(コピー)される。即ち、消去した筈の写真が iPad 上に復活する。逆の場合も然り。

という事が分かった。

仕方ないので、今度は ON にした状態で写真と動画の削除作業を行った。PCでは iCloud.com の写真を表示しながら、iPad 本体で削除の繰り返し。

結果、150 ファイル程度まで減らす事になった(昨日よりは残しが増えた;)

おかげで?iCloud のストレージ使用は 1 GB ちょっと位になった。
そもそも写真整理する前も 2GB は利用可能な表示になっていたのだが、そこは裏で動いている?フォトライブラリやフォトストリームあたりのバックアップのせいらしいので、本体自体の写真データが減れば今度は大丈夫だろう。

↓ 整理する前(「設定」 → 「Apple ID」(設定の一番上のところ) → 「 iCloud 」 )
ipad20170424_2.jpg

↓整理した後
20170424_2233.jpg

しかし、ここで iPad 本体のストレージを見ると、全然減っていなかった。

「一般」 → 「ストレージを管理」 → 「写真とカメラ」
20170424_2234.jpg

これは多分、ごみ箱にまだ残っているからであろうと予測。

早速写真アプリを開いて 「アルバム」 を見て見ると、「最近削除した項目」 299 ファイル というのがある。

20170424_2244.jpg


その中身を見ると、案の定さっき削除したヤツがズらっと出てきた。

20170424_2247.jpg

上の方に、『 写真とビデオには削除するまでの日数が表示されます。』 とあるのでそういう事だ。
右端の方にある 「選択」 を選べば即座に選択削除もできそうだが、まあ、本体容量は困っていないのでそのままにしておく。

これで 1 ヶ月後くらいには今日削除したファイルがゴミ箱から消え、無駄な容量使用がなくなることと思う。
タグ:iPad
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

iPad フォトライブラリとフォトストリーム [スマートフォン]

iPad が使いづらくて仕方ありません。
というと語弊があるかも知れないけど、とにかく使いこなせないのです。そして多分使い方(求め方)が間違っているように思います。

iPad を使い始めて半年ほど、なんなのこれは! と言いたくなること、ああ、そうだったのー; とがっくり来ること(長く気付かなかった知らなかったという果ての気づきの為)、たくさんあって、それをここに書きたいのだけどなかなか時間がなくて書けていません。いずれ書きたいと思っています。

取り敢えず今回はようやく重い腰をあげて、iCloud の容量が 5GB に達していないのに iPad で アプリ「写真」を選ぶと 『 iCloud がいっぱいです 』 と怒られる現象を解消すべく写真整理を行いました。

その備忘録みたいな個人メモです。
(ちなみに iOS は 10.xx。バージョンによって設定の項目名が違ったりするからネットで調べながら理解するのがなかなか大変。)

*** メモここから ***

※書いている内に文章が破たんした・・・自分ではまあ分かるからいいか。

iPad の写真の管理に関わるものとして、フォトライブラリとフォトストリームという2つのものがある。
両者の違いは、、、


フォトライブラリは、「設定」 → 「写真とカメラ」 → 「iCloud フォトライブラリ」 を ON にしておくと、 iPad で撮影した写真などが iCloud にアップロードされる。
これは iCloud にずっと残る

一方、フォトストリームは、「設定」 → 「写真とカメラ」 → 「マイフォトストリームにアップロード」 を ON にしておくと、iPad で撮影した写真などが iCloud にアップロードされる。
これは、30日過ぎると勝手に削除される。1000枚超えると 30日経ってなくても古いものから削除される。

iPad201704.jpg

したがって、フォトストリームに入っているから安心 v とか思っていてはいけない。
フォトストリームのいいところは、30日で消されるとしても、一時的に iCloud というサーバにアップロードされる事で他の iPad や iPhone でも同じ写真や動画を見たり使ったりできる事だろう。

他のアップル製品、というところがポイントで Windows の iCloud.com(← Windows PC で見る事のできる iCloud) ではフォトストリームは見られないらしい(Mac は OK らしいぞ)。つまり、iPad 以外では Windows の PC や 旧 Android しか持っていない私にはまったく意味がない、使えないであろう代物なのだった 。 後日判明の事には、iCloudコントロールパネルなるものをインストールすれば Windows PC でも使えるらしい事が分かった

仕方ないので、私の場合フォトストリームはの設定は OFF にしておこうと思う。


ではフォトライブラリはどうであろうか。
フォトライブラリは撮影した写真が自動でアップデートできて期限で勝手に消されることもないようである。Windows PC のiCloud でも見る事ができる。ブログ更新や写真共有になかなか便利そうな気がする。


しかし、ここで注意がある。

ひとつ目は、「設定」 → 「写真とカメラ」 → 「iCloud フォトライブラリ」 を ON にした場合にすぐ下に表示される 『 iPad のストレージを最適化 』 『 オリジナルをダウンロード 』 のところ。

iPad201704.jpg

ここで 『 最適化 』 の方を選ぶと、iCloud の容量がいっぱいになった時に、iPad 本体には写真のサムネイル(画面表示用の解像度の低いヤツ)のみ保存され、実際に撮影した本当にとっておきたいきれいな写真は iCloud にしか保存されない。つまり、本体に写真がない。iCloud(サーバ) にしか写真がない。

iCloud の容量節約のために写真を削除しようとして、本体にあるから大丈夫だろー、と、iCloud 上で写真を削除すると写真は失われてしまうのだ(多分)。

ここは 『 オリジナルをダウンロード 』 にしておこう。そうすれば本体に写真があるので本体さえ大事にしておけば写真は失われない。

と、思いきや、実はそうでもない。

「iCloud フォトライブラリ」 を ON にした状態で iCloud の写真を削除すると iPad 本体の写真も削除されてしまうのである。ON にした状態は同期された状態であるので iCloud と iPad 本体は運命共同体なのであった。


そして2つ目の注意?

先ほど私は 『 iCloud がいっぱいでアップロードできねーよ 』 という警告を解消すべくせっせと過去の写真とビデオを iPad 本体から削除(PCへ移動)したのだが、、、

「設定」 → 「写真とカメラ」 → 「iCloud フォトライブラリ」 を ON にしたところ(オリジナルをダウンロード にチェックの状態)、iCloud の方に入っていた過去の写真類(外付けの PC にせっせと保存したファイルと同じもの)が iPad に全部ダウンロードされてきた。そう、数を 100 以下に減らしたのに、再び ファイル数は 約430 となってしまった。なんのこっちゃ。

iCloud は便利だが、すぐに容量がいっぱいになるし、それを解消しようと普段 OFF の設定にしていても、何かのひょうしに誤って ON にしてしまった(間違って触っちゃったとかね) 途端にそれまで整理していた部分も全て同期されることで無駄になってしまう可能性がある。

実験?したところによると、「iCloud フォトライブラリ」 を OFF → ON にした時点で、
iPad に保存されていて iCloud にない写真は iCloud にコピーされ、
iCloud に保存されていて iPad にない写真は iPad にコピーされた。

そして ON の状態で、写真を消去した場合、iPad 本体を消去すれば iCloud の方も消去され、逆も同じ。
同期なんだから当たり前じゃん、と思わなくもないが、問題は、iCloud がいっぱいで同期が中途半端なのに ON になっている場合であろう。どこまでの写真が同期されているんだかわからない。また、ファイル容量が大きいと本体に空きがあってもダウンロードしきれない場合もあるようで、意図せず写真や動画を失う事態が発生しそうな気がする。

さて3つ目の注意?は、フォトライブラリがバックアップに関わってくるようだ、という事だ。
今回、『 iCloud がいっぱいでアップロードできねーよ 』 と怒られていた訳だが、ストレージを確認すると、iCloud は 2.5GB しか使っていなくて、2.x GB 利用可能、となっているのだ。なのに、容量がいっぱい、と怒られ、同期が完了しないのである。その原因はどうもフォトライブラリのバックアップにあるらしいのだった。

ここら辺がまだちょっとよく分らないのだが・・・つまり、フォトライブラリで 2 GB程度の容量を iCloud で喰っている。そして、iPad 本体の万が一のバックアップの為にフォトライブラリも含めた全体データを iCloud で取っている、つまりは二重に容量が必要な訳???かな?

いくら見ても、容量は残っているんだけどね。でも、確かに写真を撮ると、一瞬 4.7GB アップロードとか見えるんだよね・・・。

ipad20170424_2.jpg

さっさと月額で容量をアップするか、ケチるならもう iCloud は使わないのが一番いいかもしれないと。

そして取り敢えず、PC に移動した写真たちを再び削除しないといけないんですよねー。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

JPFG なのに、クラスが登録されていません。 のエラーで開けない [PCメモ]

iPad が使いづらくてしかたありません。
さておき、その流れで iPad にある写真を PC にバックアップしようとしていた時のこと。

iPad を PC に USB ケーブルでつなぎ、写真へのアクセスを許可してファイルを表示。

移動したい写真を選択して、いきなり移動すると 「移動失敗」 でのファイル喪失が怖いので取り敢えずコピーで第一弾の10枚位の jpg ファイルを外付け HD へ。ちゃんと移動できたっぽかったので iPad の方は右クリックでファイル削除。

一応表示できるか試してみよう、と、移動したての .jpg ファイルをダブルクリック、したら、、、、

jpg20170423_0.jpg

上のような 「クラスが登録されていません」 というエラーが表示された。

 なんで(汗;

iPad から直接コピーしたからそうなちゃったのかな; ドラックドロップじゃダメなの?;;

調べてみたところ原因は不明だったけど、下記の方法で一応解決。
  ↓
Windows キー + X キー > コントロール パネル > プログラム > ある種類のファイルを特定のプログラムでオープン > 一覧から「.jpg」を選択してダブルクリック > [フォト] を選択して [OK]

引用元 : Microsoft コミュニティ 『クラスが登録されていません』と表示され JPG ファイルが開けない


私の PCではJPG を開くのに TWINUI が指定されていました。これまではこれで普通に開けていた気がするけどなんでだろう。取り敢えず、TWINUI を指定しなおしても開けない状態は変わらなかったので、別プログラムで軽そうな Windows フォトビューア を指定しました。

jpg20170423_1.jpg

これで JPG をダブルクリックしてフォトビューアでぱっと開くように。

↓ 右上に注目
jpg20170423_2.jpg

TWINUI がなんで動かないのか分からないけど、取り敢えずこれで JPEG 開くようになりました。
ついでに書いておくと PING も TWINUI が指定されていて開けない状態になっていましたので、こっちも Windows フォトビューアに指定しなおしました。

iPad から PC への写真コピーもドラックドロップの直接移動でなんとかなりそうなので、これから数GB の移動作業頑張ろう。




タグ:jpeg iPad
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

ログインパスワードをリセットする(Windows7) [PCメモ]

前回前々回の記事で、PCが起動しなくなった為になんやかやして Windows10 の ISO ディスク(イメージディスク。このディスクで PCが起動でき、Windows10 のインストールも出来る。たぶん。)を作成した。
結局、前回のトラブルの解決には使用しなかったのだが、今回の記事のパスワード忘れの救済に役に立った。やはり何かしらの PC起動ディスクを用意しておくことは益があると思った。


*** ここから *** (自分メモ。でも自分の PC の話ではない)

数年前に Windows 7 の PC を購入したものの全く使用しておらず、当初設定したパスワードが分らなくなって起動できなくなってしまった PC が出てきた。万一の為のパスワードリセットディスクなるものは勿論作っていない。くどいけれどワタシの所有ではなく知人所有である。

PC が得意でなく今後も使用する訳ではないのでこのままでもいいという事だったが(起動しない PCはただの機械の塊)、パスワードのリセットも物理的には出来るよ、と遠慮がちに伝えると 「じゃあやっちゃって。」 と軽い返事が返ってきた。

心の中では、いやそんな軽くいうけどワタシ大したPCレベルでないし、そんな簡単じゃないからね!(半泣き)
とツッコミ。

でもまあ、出来ない、っていうのも悔しいから。

それで PC 預かって Windows 7 の管理者パスワードをリセットしたのです。

最初はソフトを使用すると簡単!という記事を参考にソフトでやろうとしたけど、、、そのソフトで起動の為の USB 作ったのに起動できず。原因は不明だけどよくよくみたら機能制限付きの体験版だったのでそのせいかなー、っと。正直お金だしてまでやりたい事ではないので(所有者本人が PC の必要性を感じていないから)この方法(ソフトを使う方法)は却下になった。自分 PC に余計なソフト入れたし自前の USB の内容をわざわざ消去したしで、無駄足踏んだのがなんだかな。

結局ソフトは使わない方法、下記のサイトで案内していたやり方でパスワードリセットできました。

Tech TIPS:
パスワードを忘れたWindows OSにログオン(サインイン)する
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1312/06/news055.html

この時必要となったのが、前回の記事(自分 PC のトラブル)の時に作成した Windows 10 の起動ディスクでした。前回の時は結局不要となったものだけど今回役に立った。起動ディスクがあるっていうのは何かと便利だな、と。

実際のパスワードリセット(正確にはパスワード変更) の手順は、上記サイトでかなり丁寧に書いてあったので(コマンドまで)大変助かりました。System32 フォルダ以下のファイル名の書き換えとか、下手をしたら PC壊しちゃうかも! とかなり緊張しましたけど。

人様の PC という事で作業ひとつでも精神力がかなり削られたけど、とにかくうまくいって良かったです(でもできれば今後はもうやりたくない作業でした)。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

UNMOUNTABLE_BOOT_VOLUME が発生した(つづき) [PCメモ]

前回の自分メモ記事の続きです。
すぐに書くつもりだったのに、忙しくて全然続きが書けませんでした。そして、、最低なことにどう解決したかを忘れました・・・・(おい;) 自分メモの意味ない; 紙メモ残しておけばよかった;;

仕方ないので、ウル覚え部分だけをメモしておこう、っと。

*** ここから ***

前回続きとしては、AOMEI ソフトを使ってパーティションを調整しようとして失敗 → 青い画面に UNMOUNTABLE_BOOT_VOLUME の文字が出て Windows10 が起動せず、何度再起動しても同じ画面のループ状態になったいう・・・・

今回はとうとう終わったか;

と絶望感に責められながらどうにかならないかとネット検索(Padで)。

ブルー画面のエラーはブルースクリーンエラーというみたいです。
大抵は、そのまま再起動(強制的に電源OFF?)すると PC の修復画面となり修復できるらしいです。でも、私の PC は再起動しても修復が始まりません。ブルー画面がループするだけ。

次に、 セーフモードで起動して、とかいうアドバイスがあります。
セーフモード、セーフモード、、、ファンクションキーのどれかを押すんだっけ?
メーカーロゴが出たところで f2 を押すとか、f8 を押すとかいうのを見かけたのでその辺りのキーを押してみるけれど・・・ 一向にブルースクリーンエラーが変わりません! これは、セーフモード起動もできないほど壊れてしまったか??

※あとで思うに、セーフモードの起動方法はPCの製造メーカーによってキーが違うみたい。たぶん。

さてその次に、Windows10 のリカバリディスクで起動して、というアドバイスがあります。
しかーし、そんなものは作っていません。迂闊な人だから仕方ありません。自分のことながらヤレヤレです;
同じような感じで、AOMEI でもブータブルディスクなるものが作れるようです。また、このPC、VAIO の方でも万一の為にリカバリディスクを作っておこうね! みたいなのがあるようです。
しかし、どれもこれも PC が起動しない状態から作成できるものではありません(当たり前)。

通常ならここで My パートナーが使っている PC が別にあるので起動ディスクなんかはそれで作ればいい筈、なのだけど、なんとタイミングの悪い事にこの時の彼は仕事が忙しすぎて毎日早出の午前様帰り with PC という生活をしていました。つまり、この家には問題発生中の起動できない VAIO と、過去コレクションとして残している(嘘) 古い XP パソコンしかないのでした。

ああ、なんてこったい。

午前様で帰ってきた PC で作業したらそれこそ貫徹作業になりそうなので待ってられません。ここは XP に頑張ってもらうしか・・・。

そこで、Windows10 のリカバリディスクの作成を古い XP パソコンで試みることにしました。Windows 10 のリカバリディスクというのは要するに Windows 10 のインストール(アップデート?)ディスクのことのようです。

この辺のサイトが参考に
@IT > Windows Server Insider > Tech TIPS:
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1508/06/news034.html

Windows 10 のダウンロード
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

使える PC が XP しかないので、半年ぶり位にドキドキしながら XP を起動。 お、一応ちゃんと起動するぞ。しかしいつ壊れてもおかしくないので慎重にね!

上記のサイトを参考にしながら Windows 10 のツールをダウンロード。

が、しかし、なんだこれ; 予想はしてたけどスゴイ時間がかかるようだ。
仕方ないのではやる気持ちを抑えて PC をしばらくほったらかしにしておいた(多分2時間以上かかった)。

そうしてなんとかダウンロードが終わった頃に確認すると・・・・ iso ファイルなるものがダウンロードされてた。

・・・・これをどうしろと?

作りたいのは起動ディスク。手順によると Step に従っていけばディスクが作成できることになっているのだが、そういう選択肢は出てこないので、必然 PC内 のどっかを指定してダウンロードする事になる。
そうして出来たのが iso ファイル。

Why!なぜなのー???  とここでまた色々検索したりなんなりして、わかった事には、 Xp ではディスクは作れないらしいこと。ガーン。。

(そしてこの後、仕方ないので知人で一時的に PC を貸してくれて起動ディスク作成に協力してくれる人を探すのだが・・・それもことごとく玉砕。自分の人徳のなさに別の面でも落ち込むハメに(わりと深刻?でもあまり考えないようにしておこう・・・)。)

2 時間以上かけて DL したのは確かに 起動機能?を持ったデータの筈だが、それを問題の PC に適用する手段がない。なんとも歯がゆい。どーしよー、とまた色々調べて、どうも、XP より後の PC は この手のファイルを直接 USB や CD や DVD に作成できる事がわかる。 XP にはその機能がないらしい。XP 好きだったから残しているんだけどやっぱり世の中は進歩しているんだな・・・としみじみ、してる場合ではなかった。どうにかならないかな。

更に調べると、XP は 直接 ディスクを作成出来ないだけで、要は USB や DVD に書き込み(作成)すればいいのだという事が分かる。なーんだ、そういうこと!

では、時間かけて落としたファイルをディスクに焼けばいいのだ。たぶんコピーでは漏れがでそうだからちゃんと書き込みソフトで作成した方がいいんだよね。たぶん。

そこで、はやる気持ちは抑えつつ翌日の会社帰りに電気屋へ走り、USB と DVD を購入してきた。DVD は念のため 10枚購入。

最初は USB で作成しようとしたが、、なんだかうまくいかなかったので 結局 DVD ディスクに書き込みして作成した。この時専用ソフト(XP メイン時代に使っていたソフト)を使ったかどうかは忘れてしまった。

なんとも長い道のりだったが、これで起動ディスクはできた。
さあこれで起動して修復を試みるんだ!

さてこの辺から記憶が曖昧だ。どうやって起動ディスクを使ったかよく分らない。

VAIO にはディスクドライブがないので USB の外付けドライブをつなげてそこにそのままセットして再起動した気がしなくもない。たぶんディスク読み込みが始まって、DVD で起動したいなら何かキーを押して、といった英語のメッセージが出た気がする。この時なんでもいいからキーを押さないとディスクからの起動にならずにブルースクリーンエラーの繰り返しだ。ディスクの読み込み自体に時間がかかった気がするが、そこは PC放置しないで 「何かキーを押して!(Press any Key)」 のメッセージが出るまでみていなければならない。

その後、どっかのサイトのアドバイスに従って PC 修復とかを選択したんだっけ?でもことごとくハズレで解決に至らず・・・。さらに、この辺で分かったことには、実は VAIO の場合、ASSIST ボタンなるものがあり、セーフモードだったり BIOS の設定画面だったり PC修復モードだったりはこのASSIST ボタンを押せば出てくるのだった。

そう、VAIO は親切!コマンドなんか知らなくても親切な ASSIST ボタンがあるんだよ!そのせいで Fキー押しても BIOS 起動とか出なくて分らなくて困ったよ!(泣;)

↓ ASSISTボタンを押すとこんな感じの画面が出た
vaio_assist.jpg

今後の為にも 「 ウチの VAIO は ASSIST ボタン 」 という重要なキーワードは覚えておきたい項目です。

さて、ASSISTボタンから表示される画面には PC修復とかチェックとか、そういうメニューがあります。なので、その辺りを一通り試しました。チェックにはそれなりに待ち時間があるのに、ハードディスクにエラーはありません!とか今回では当たり前のことを言われまくり時間ばかりがかかります(パーティションソフトを動かしてエラーになったのだからハード的なエラーな訳がない)。

PCリフレッシュというメニューに関してはこの VAIO は出来ないモデルらしく役に立ちませんでした。復元ポイントもないとか言われます(なんで?;)。リカバリ(初期状態に戻す)というのボタンもあったのでやってみようかとしたけど・・・これは本当に初期化するものでパーティションが1つに戻るのはいいとしても中のデータは消去されるよううな。リカバリ前にはデータバックアップができるようだけどそれも対象は Cドライブだけ。パーティション切ったドライブの方のデータは救出できない。本来の使い方ではない(パーティション変更は想定されていない)為にそうなっているのだと思われ。まあCドライブだけでもいいけど、、できれば全部のデータをバックアップしたいしなぁ。ああ、どうしたものか・・・・。

このあと、本当に重要なことを忘れてしまったのだが・・・そう、今回はもう腹をくくって初期化しようとした。まさに直前まで進めた。初期化していいですか?(中のデータは全部消えますけどいいですか?)みたいなところまでいってぎりぎりで引き返したのだ。

そして、なんだったかなー、何かの修復系のボタンから実行をして、何も解決しなかったんだけど、そこから再起動?をしたら・・・なんかちょっと様子が変わったんだよね。画面にパラパラパラー・・・と文字が出てきて、その中に AOMEI の文字が。

ん?AOMEI ? なんか動いてる???

今回のエラーの原因となった AOMEI。ドライブの状態が中途半端になって起動できなくなってしまったらしい。その AOMEI がなんか動いている。もしかして、中断された作業が再開されたのか?

と、ここは触らず見守っておこう。

そうしたら、、それが当たりで AOMEI はワタシの指定通りパーティションの調整に成功したのだった。

なんとも。

こんだけ時間かかって(丸二日くらい?)、知人に協力依頼してことごとく断られて(哀)、結局は ASSIST ボタンが生きていたから起動ディスクは必要なくて、そこのメニューからなんやかやして再起動したら中断されていたパーティションの調整作業が再開されて無事に終了したのだった。

少々引っ掛ることには、PCリフレッシュが出来ない機種で、復元ポイントもなぜか選べるポイントがないとか言われ、バックアップもなくて、色んな意味でレスキューモードの半分以上が解決に結びつかなかったことだろうか。

もうこんなのはこりごり。と思い、早速、AOMEI のブータブルディスクは作成しておいた。

今後はもっと緊急時に備えなければ!と、VAIO のリカバリディスク(バックアップディスク)も作っておくことにした(DVD を 10枚購入したのは幸い)。

しかし、これに関しては、DVD が全部で 3 枚必要で勿論のことむちゃくちゃ時間かかって、終いには、2 枚目のディスク作成最終ステップでなぜか 「エラーが発生した為ディスクが作成できませんでした。もう一度最初からやり直してください。他のディスクがあれば廃棄してください」 みたいなメッセージが出て弾かれたので、やってられるか! と投げ出してしまって結局まだ作れていない。

バックアップはしておきたいのだが、この後の記事でも書くつもりだが、今の PC はシステム関連ファイルの容量が大きくて TB 級の外付けHD でもないとなかなか厳しいと感じた、いつになることやら。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

UNMOUNTABLE_BOOT_VOLUME が発生した [PCメモ]

家の VAIO のパーティションを分けようとして AOMEI Partition Assistant で実行したらブルースクリーンエラーになってWindows が起動できなくなって大変な思いをした、という時の体験メモです。あくまで自分用ですので表現に間違いや語弊もあるかも知れませんがご容赦を。
無駄に長いので数回に分けようと思います。

*** ここから ***

家のパソコンはVAIOです。
700GB位容量があるのに Cドライブしかないのです。
そんなに容量があるのになんかもったいないなぁ。 トラブルがあったときにシステム領域とデータ領域が分かれていたほうがデータが守れるとかいうし。

D ドライブを作りたい!

初心者レベルの知識しかないくせに、可能なことが分かっているのにやり方がわからないからってやらないのはなんだかもったいない、と思ってしまう。こうなるとやってみたくてしょうがなくてウズウズ。


初心者レベルなので頼みの綱のネットで検索して、、、
C ドライブを 2 つのドライブに分けるにはパーティションの分割が必要だとわかります。
(実は XP の時にもなんだか苦労しながらやった記憶があるけど、昔過ぎて忘れたし、今は Windows8.1 だからやり方も違うはず。)

そして、現在は以前よりもずっと簡単にフリーソフトを使ってパーティションが分けられることが分かりました。

で、選んだソフトが MiniToolPartition
これを使って購入して数ヶ月の VAIO を C ドライブと D ドライブに分けました。
それが 2年くらい前?その時本当に簡単にパーティションを分けることが出来たので凄い!と思うと同時に恐ろしいと思ったものでした。

それから数年、特に不便もなくパソコンを使っていましたが、ある日ふと見ると D ドライブがいっぱいになっていました。

どうも、復元ポイントかなにかのバックアップが Dドライブに保存されるようになっているようで、容量がほとんど残っていません。一方 C ドライブは、300GB 近い空きがあります。

更によくみると Dドライブの割り当ては 200GB です。
なんで自分はこんな (少ない) 割り当てをしたんだろう。アホか。と、自分ツッコミ。

でもよくよく思い返してみると XP の C ドライブをパーティション分けした時、『 システム領域なんて 30GB もあれば十分だ 』 というネット情報を参考に 50GB 位しか割り当てなかったら、思った以上に Cドライブを使わざるを得ないソフトが多く空きが少なくなって焦った、という記憶があり、OS も XP よりバージョンアップした分容量をそれなりに食うだろう、ということで C の方に多めに割り当てたのだった(多分)。

しかし最近は思った以上に動画も撮ったりするし、この容量ではこの先心許ない。C ドライブの余裕の容量を Dドライブに移せないだろうか・・・。と、またよせばいいのに思ってしまう。

こう思ってしまうと、不可能ではない筈なのでやりたくなってウズウズ。

取り敢えず前回使用した MiniToolPartition を掘り起こします。しかーし、ちょっと待って!
前回は Windows8.1 で、現在は Windows10。当然ソフトも Win 10 に対応していないと不安です。
そう、ここは掘り返すのではなくて、最新バージョンを取りに行かなくては。。

そして、最新バージョンを探しにいったのですが、、、Windows 10 で大丈夫なのかまでよく分らなかった;
なぜなら、Windows10 に対応した、みたいなことが書いてあったり、でも別のところでは 10 の文字が付いてなかったり。うーん、どうしたものか・・・。

そこで、他に Windows10 で安定動作の太鼓判?が出ているようなソフトがないか探してみた。

そして見つけたのが AOMEI Partition Assistant (公式サイト)。

  窓の社 : AOMEI Partition Assistant

なんか良さそうなよく分らないような・・・・。初心者知識なのでメニューの意味が曖昧にしか分かりません。パーティションをいじるのはやっぱり怖いし、どーしよーかなぁ、と思いつつ、数か月過ぎていきました。でも、やっぱりやりたい( C の容量を少なくして D の容量を増やす)んだよなぁ。

躊躇しながらも結局その原因解決が出来ていないのにやってみてしまうのもよくない所です。

そして、とうとう?

よく分らないけど、でもま、コレでいいのかしら??

と、パーティション調整を選んで、スライダを動かして Cドライブを縮小して Dドライブを拡張して実行してみたのでした。

後から分かったことには、パーティションリサイズは再起動しなくても出来るみたいです。しかし私はダイアログボックスのコメントをざっと見て、再起動が必要なのだろう、と思い、PC を再起動させてしまいました。再起動を選択した場合、パーティションのリサイズは再起動時に自動実行で行われる?みたいです。

再起動してリサイズ実行中、だいぶん待つのは予測できたので PC をしばらくほったらかしにしておきました。
そうしてしばらくして PC の前に戻ってみると、ブラック画面に Complete の文字発見 (ふむふむ OK )、と、最後の方に failed の文字 (ん?これ大丈夫なのか・・・?

File failed の文字を見つけるも、英語が大変苦手なので前後の文章がなんとなくしか意味が分かりません;。そして、failed と言われたところでどうしていいかもわかりません。

取り敢えず、何かキーを押せ、と書いてあるようなので、リターンキーを押してその後の応答を待ちます。
待っていたら、、、

  青い(水色)の画面に、問題が発生したため再起動します、みたいな文字。

  QR コードに、UNMOUNTABLE_BOOT_VOLUME の文字。

  PC が自動で再起動します。待ちます。

  再び同じ画面 → 自動再起動 (以下無限ループ)


なんてこったい|||; Windows が起動しなくなってしまいました・・・・ ;

つづく。(つづきも無駄に長いです)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

スマホアプリに苦しめられた件 [スマートフォン]

またしても貴重な時間をつまらない事で費やすことに・・・

PlayStation[レジスタードトレードマーク]Messages というアプリがあります。

PlayStation ユーザーとLINE っぽいメッセージのやりとりが出来るというもの。

↓ こんな記事が出ています
SCEJA、PS Appと連携するメッセージアプリ「PlayStation Messages」を配信
http://japan.cnet.com/news/service/35074626/


諸事情からスマホを機種変したくて、でもお金がないので ガラケー + iPad の組み合わせを考えたのです(通話をあまりしないならスマホ 1 本より月額が安い)。

でもそうなると電話がしづらくなるので・・・スマホ持ちの男組たちとは LINEでやりとりすればいいとして、まだ携帯を持っていない娘との連絡をどうしようかな、と。

自宅への電話は割引があるのでまあ気にしなくてもいいのだけど、できれば娘とも LINE やメールみたいな簡易でスピーディな連絡手段ないかな?

それで知ったのが PlayStation[レジスタードトレードマーク]Messages 。

Web メールだとチェックしに行くのが少々面倒だけど、 PlayStation[レジスタードトレードマーク]Messages なら PS Vita に専用のアプリがあるので新着がわかりやすそうです。

そこで、この PlayStation[レジスタードトレードマーク]Messages とついでに PS App とを入れてみました。

最初の数日は、娘も面白がってメッセージくれたり、LINE 程ではないけれど電話する程でもないちょっとした連絡手段があるのはなかなかに便利です。

スマホの方にはメッセージが入ると通知がくるので見落としも少なそう。

上々・・・と思っていたのですが、、、、、、、この後大変な事に。


3日程経ってEメールアプリで新規メールを作成しようとしたら、「 本体容量が少なくなっています 」 の警告。

おやぁ?またかい。

実は一ヶ月程前、面白そうなゲームの体験版があってそれを入れたら本体容量がいっぱいになってしまいとても大変な思いをした事がありました(そのゲームは600MB位だったと思う。因みにこのスマホは本体容量16GB、SDカードは 4GB)。

その時は 古いメールも全く削除してなかったので400通くらい溜まっていて、50通以下まで削除したり(その後はマメに削除している)、その他のあまり使わないアプリをアンインストールしたり、動画や画像を PC に移動したり、キャッシュが削除できるアプリ入れて毎日ジャンクファイル削除を実行したり、、、といろいろやって、近頃は GB 以上の空きを確保していた筈でした。

でもまたいっぱいになっちゃったのかな?

そこで、また要らなそうなファイル削除したり、アプリも数個削除したり、、、とやったのだけど、
なんと、朝まで 残容量 800MB 以上だったのに、色々削除していた数時間後には 残容量 400MB 以下に。

なんで ;?

ちまいとはいえアプリ削除してるのに、なんで増えるんだよぉ;!

仕方なく、本当はとっておきたいアプリも使用頻度の少ないものを削除。
だけど、残容量が増えない。わずかに増えたと思ったらまた減る。

なんなんだ。

そうこうする内にスマホの挙動がすこぶるおかしくなってきた。

ホームボタンを押しても画面が変わらない(数十秒)。
クリーンソフトを起動しても画面が真っ暗になる(数十秒後に起動)。
クリーニングをしようとしてもファイル検索に 2秒にひと目盛りしか進まない感じ。

なんなんだ。

仕方ないので再起動を繰り返すが変わらない。
PC へファイルを移動しようかと繋いでみるが、PCでの認識も出てたと思ったら消えたり(クリーンソフトのせいっぽいけど、それでクリーンソフトを終了しようとすると先ほど同様画面の切り替え毎に真っ暗画面数十秒かかる)、にっちもさっちもいかないってものになってしまった。

遅いにしても許容範囲があると思うけど、これは使用に耐えられない状態で、メールからは 「 容量が足りなくてメールが受信できません 」 とか言われるし (メールなんて数KB なんだから受信してもいーじゃん!!とツッコミ)、困ってしまった。

iPad を買う予定だけど最低でも数週間かかると思われ( iPad はお店に在庫がないから取り寄せになる)、その間この状態では・・・

仕方なしに、PlayStation App を削除。

もうしょうがない、として PlayStation[レジスタードトレードマーク]Messages も削除した。

せっかく娘とメッセージが出来るようになって良かったので削除対象の優先は低かったのだけど、明らかにこのふたつを入れてから容量が足りなくなったのだから仕方ない。

そうしてから残容量をみたら、、、、 目を疑った。

  残容量 4GB

え?なにそれ。

アプリ容量としては 3MB程度に表示されていた筈だ。それを削除しただけで 4GB の空きが出来た (16GB のワタシのスマホの 1/4 容量だぞ!)。

3MB というのはアプリ本体の容量だったのだろう。それ以外に 3GB以上のなにかをこのアプリは掴んでいたという事か・・・・。

エライめにあってしまった。

あんなにたくさん(5 個以上)惜しみながらその他のアプリを削除したのに。

それ以上にこの事件であーでもないこーでもないと数時間を費やしたのに。

たったこれいっこ(多分 PlayStation[レジスタードトレードマーク]Messages の方が重かったと思う)のせいだったなんて。

正直、メッセージは使いたいのだけど、16MB の容量のスマホでは実質使えない。32GBだとしても 4GB も喰うようなアプリはあまり使いたくない。その他のアプリを削除している間にも400MBの容量が消えていった。もしそれがこのアプリがバックグラウンドで喰っていたせいだとしたら・・・恐ろしい。

ひとつのアプリに 4GB という私としては驚愕の必要容量にとても残念に思いました。iPad になったら容量は増えるので耐えられるかもしれないけど・・・使ってみて様子見でしょうかね。

ちなみに、PlayStation[レジスタードトレードマーク]Messages ではトモダチは娘だけ、検索も OFF にしていたし使い始めたばかりだからメッセージ数も少なかったです。4GB分もなにに使っているのかもう少し知りたいところです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

胃カメラ初体験 [生活メモ]

定期健診で 2年前にバリウム検査を経験した。
げっぷを我慢するのが大変で、終わった直後に、我慢していた分のものすごい大きいゲップが出て、おえっと吐きそうになり、涙が出た。

恥ずかしかったし、涙目になっているワタシに何の声掛けもをしてくれなかった看護婦さんの態度からもなんだかみじめな気持ちになった。その後、便秘体質ではないと思っていたのに便が出なくて下剤を追加で飲んだりもした。

もうバリウムはやりたくない。

と、心に誓った。

そこで昨年の胃の検査は 「気分が悪くなるから」 と断った。

さて今年はどうしよう。気分は乗らないけれど、年一の定期健診、ずっと胃の検査を避けるのもよくないかも。

そこで今年は胃カメラをやってくれる場所を探して胃カメラでお願いする事にした。
よく知らないが、バリウムより正確そうだし楽かも知れない。


そして初胃カメラ体験。

なかなか辛い体験になった。

胃カメラはそれほど辛くない人と辛い人と居るらしい。何が悪いってこともなく個人差のようにも思えるのだが、私の場合は辛い人、だったみたいだ。喉の麻酔があまり効いていなかったのかも知れない。


まずカメラのコードが思ったよりも太いことに少しビビった。

あんなに太いのー・・・?(心の声)

そして、始まる直前に 「 xxxx を飲まないでくださいねー 」 と言われたのだが、 xxxxxxx の所がよく聞き取れなかった。あとから調べた所、唾のことかもしれない。

最初、入れられた時にまずおえっとなった。ちょっと喉にあったったのも痛かった。2回位おえっとなってカメラが入った。看護婦さんが背中をさすってくれたのが何だか唯一の救いのように感じた。

その後、下腹あたりに何かがあたっているような違和感を感じ、ああ、その辺までカメラが入っているのだな、と思った。


その間一番つらかったのは呼吸である。

私は 4,5年前から慢性の鼻炎になり、副鼻腔が常に腫れていて鼻の穴を塞いでいるので呼吸の大半は口で補っているのである(たぶん)。

今だって口を閉じていると少なからず息苦しさを感じるのだ。加えて、鼻水が止まらない事がある。止まらない鼻水の大半は鼻紙でかむわけだが、正直それでは追いつかなくて飲み込んでいる分もある。何より、鼻の奥の狭くなった空気穴を鼻水が塞ぐので口の方に落とさないとそれこそ息が詰まってしまう。

胃カメラ中も例外ではなく・・

鼻からの空気量がとにかく少ない上、検査中に鼻水が溜まってきたらもう大変。どうしようもないのでカメラを入れられた口からフーフーと息をするしかない。しかしその口もカメラで塞がっているので圧倒的に空気量は少ない。

検査中、早く終わってほしい、と願いながら、もしかしてこのままいくと窒息で気を失って死ぬかも、と思った。

その位息が苦しかった(と感じた)。

そうやって口呼吸していたせいだろうか、検査途中にはゲップが何回か出た(5回位?)。最後の方は咳込んでしまった。

終わるまで目を瞑って涙して耐えた。終わってからは少々放心状態になった。


看護婦さんは優しかったが、医師はというと最初の 「 はじめます」 以外は終始無言で一言もしゃべらず、終わった後も背中を向けたまま何かを書いていた。

私も苦しさが残って声を発するのも億劫だったので 「ありがとうございます」 とも言えなかった。
カメラを入れた時におえっとなったり検査中にゲップしたり咳込んだりしたのでウンザリされたのかも知れない。

しかし、私としては仕方がないのである。鼻が詰まっていて呼吸が苦しかったのだから。


バリウムが辛かったので胃カメラを選択したが、結果としてはどっちも辛かった。胃カメラは多分もっと麻酔がちゃんと効いていて鼻炎でなければいいかも知れない。でも私の鼻炎は数年間続いていて治る見込みがない。

家で毎日一回以上、鼻水が止まらなくて悩まされているが、こんなところでも弊害となるとは。

取り敢えず、胃の検査は 2 年に一回で十分、いや、5年に一回か、自覚症状あるまでなしでもいいかな・・・、そんな風に思える体験となった。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -
Powered by So-net blog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。