So-net無料ブログ作成

アプリケーションの DPI 仮想化を無効にする。 [PCメモ]

いつもの自分用備忘録です。

少し前から画像の加工に昔の使い慣れたソフトを使っていますが、Windows 8.1 だとアプリの画面がボケボケしていてはっきりしません。

他のソフトならまあ我慢してたけど、画像を加工するソフトでボケた感じなのはちょっと困るわけで、、

↓ 解決方法 (引用あり)

一部のデスクトップ アプリケーションが高 DPI ディスプレイでぼやけて表示される
https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/2900023

アプリのショートカットを右クリックして、プロパティから 「アプリケーションの DPI 仮想化を無効にする。 」 にチェックを入れました。

そうしたらこれまでのボケは何だったのかと思える程、すごいくっきり表示されるようになりました。

良かった良かった。

古いソフトで互換機能で動作しているようなやつがそうなるのかな。

忘れそうなので自分ブログにもメモしました。
タグ:画像ボケる
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Powered by So-net blog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。