So-net無料ブログ作成

iPad フォトライブラリとフォトストリーム [スマートフォン]

iPad が使いづらくて仕方ありません。
というと語弊があるかも知れないけど、とにかく使いこなせないのです。そして多分使い方(求め方)が間違っているように思います。

iPad を使い始めて半年ほど、なんなのこれは! と言いたくなること、ああ、そうだったのー; とがっくり来ること(長く気付かなかった知らなかったという果ての気づきの為)、たくさんあって、それをここに書きたいのだけどなかなか時間がなくて書けていません。いずれ書きたいと思っています。

取り敢えず今回はようやく重い腰をあげて、iCloud の容量が 5GB に達していないのに iPad で アプリ「写真」を選ぶと 『 iCloud がいっぱいです 』 と怒られる現象を解消すべく写真整理を行いました。

その備忘録みたいな個人メモです。
(ちなみに iOS は 10.xx。バージョンによって設定の項目名が違ったりするからネットで調べながら理解するのがなかなか大変。)

*** メモここから ***

※書いている内に文章が破たんした・・・自分ではまあ分かるからいいか。

iPad の写真の管理に関わるものとして、フォトライブラリとフォトストリームという2つのものがある。
両者の違いは、、、


フォトライブラリは、「設定」 → 「写真とカメラ」 → 「iCloud フォトライブラリ」 を ON にしておくと、 iPad で撮影した写真などが iCloud にアップロードされる。
これは iCloud にずっと残る

一方、フォトストリームは、「設定」 → 「写真とカメラ」 → 「マイフォトストリームにアップロード」 を ON にしておくと、iPad で撮影した写真などが iCloud にアップロードされる。
これは、30日過ぎると勝手に削除される。1000枚超えると 30日経ってなくても古いものから削除される。

iPad201704.jpg

したがって、フォトストリームに入っているから安心 v とか思っていてはいけない。
フォトストリームのいいところは、30日で消されるとしても、一時的に iCloud というサーバにアップロードされる事で他の iPad や iPhone でも同じ写真や動画を見たり使ったりできる事だろう。

他のアップル製品、というところがポイントで Windows の iCloud.com(← Windows PC で見る事のできる iCloud) ではフォトストリームは見られないらしい(Mac は OK らしいぞ)。つまり、iPad 以外では Windows の PC や 旧 Android しか持っていない私にはまったく意味がない、使えないであろう代物なのだった 。 後日判明の事には、iCloudコントロールパネルなるものをインストールすれば Windows PC でも使えるらしい事が分かった

仕方ないので、私の場合フォトストリームはの設定は OFF にしておこうと思う。


ではフォトライブラリはどうであろうか。
フォトライブラリは撮影した写真が自動でアップデートできて期限で勝手に消されることもないようである。Windows PC のiCloud でも見る事ができる。ブログ更新や写真共有になかなか便利そうな気がする。


しかし、ここで注意がある。

ひとつ目は、「設定」 → 「写真とカメラ」 → 「iCloud フォトライブラリ」 を ON にした場合にすぐ下に表示される 『 iPad のストレージを最適化 』 『 オリジナルをダウンロード 』 のところ。

iPad201704.jpg

ここで 『 最適化 』 の方を選ぶと、iCloud の容量がいっぱいになった時に、iPad 本体には写真のサムネイル(画面表示用の解像度の低いヤツ)のみ保存され、実際に撮影した本当にとっておきたいきれいな写真は iCloud にしか保存されない。つまり、本体に写真がない。iCloud(サーバ) にしか写真がない。

iCloud の容量節約のために写真を削除しようとして、本体にあるから大丈夫だろー、と、iCloud 上で写真を削除すると写真は失われてしまうのだ(多分)。

ここは 『 オリジナルをダウンロード 』 にしておこう。そうすれば本体に写真があるので本体さえ大事にしておけば写真は失われない。

と、思いきや、実はそうでもない。

「iCloud フォトライブラリ」 を ON にした状態で iCloud の写真を削除すると iPad 本体の写真も削除されてしまうのである。ON にした状態は同期された状態であるので iCloud と iPad 本体は運命共同体なのであった。


そして2つ目の注意?

先ほど私は 『 iCloud がいっぱいでアップロードできねーよ 』 という警告を解消すべくせっせと過去の写真とビデオを iPad 本体から削除(PCへ移動)したのだが、、、

「設定」 → 「写真とカメラ」 → 「iCloud フォトライブラリ」 を ON にしたところ(オリジナルをダウンロード にチェックの状態)、iCloud の方に入っていた過去の写真類(外付けの PC にせっせと保存したファイルと同じもの)が iPad に全部ダウンロードされてきた。そう、数を 100 以下に減らしたのに、再び ファイル数は 約430 となってしまった。なんのこっちゃ。

iCloud は便利だが、すぐに容量がいっぱいになるし、それを解消しようと普段 OFF の設定にしていても、何かのひょうしに誤って ON にしてしまった(間違って触っちゃったとかね) 途端にそれまで整理していた部分も全て同期されることで無駄になってしまう可能性がある。

実験?したところによると、「iCloud フォトライブラリ」 を OFF → ON にした時点で、
iPad に保存されていて iCloud にない写真は iCloud にコピーされ、
iCloud に保存されていて iPad にない写真は iPad にコピーされた。

そして ON の状態で、写真を消去した場合、iPad 本体を消去すれば iCloud の方も消去され、逆も同じ。
同期なんだから当たり前じゃん、と思わなくもないが、問題は、iCloud がいっぱいで同期が中途半端なのに ON になっている場合であろう。どこまでの写真が同期されているんだかわからない。また、ファイル容量が大きいと本体に空きがあってもダウンロードしきれない場合もあるようで、意図せず写真や動画を失う事態が発生しそうな気がする。

さて3つ目の注意?は、フォトライブラリがバックアップに関わってくるようだ、という事だ。
今回、『 iCloud がいっぱいでアップロードできねーよ 』 と怒られていた訳だが、ストレージを確認すると、iCloud は 2.5GB しか使っていなくて、2.x GB 利用可能、となっているのだ。なのに、容量がいっぱい、と怒られ、同期が完了しないのである。その原因はどうもフォトライブラリのバックアップにあるらしいのだった。

ここら辺がまだちょっとよく分らないのだが・・・つまり、フォトライブラリで 2 GB程度の容量を iCloud で喰っている。そして、iPad 本体の万が一のバックアップの為にフォトライブラリも含めた全体データを iCloud で取っている、つまりは二重に容量が必要な訳???かな?

いくら見ても、容量は残っているんだけどね。でも、確かに写真を撮ると、一瞬 4.7GB アップロードとか見えるんだよね・・・。

ipad20170424_2.jpg

さっさと月額で容量をアップするか、ケチるならもう iCloud は使わないのが一番いいかもしれないと。

そして取り敢えず、PC に移動した写真たちを再び削除しないといけないんですよねー。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Powered by So-net blog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。