So-net無料ブログ作成
検索選択
お出かけ体験 ブログトップ

富士サファリパークに行きました [お出かけ体験]

(実は)昨年の話なのですが、5月の終わり頃に富士サファリパークに行きました。

ウチは生まれも育ちも関東です。

車好きでもないので富士サファリパークは微妙に遠いのです。


子供の頃から動物が好きなので動物園も好きです。

だから一度は行ってみたい!  

と、ず~と思っていて、でも遠いので彼(夫)も恋人時代から同意してくれず・・・家族旅行も勿論同意してくれず・・・この歳にいたるのですが、

幸いにして娘(小学校低学年)は私に似て動物好き[黒ハート]

それなら自分らだけで行ってやる。  

と、男チーム(夫&息子)が少年団にいそしんでいる間に親孝行兼ねて母を誘って女三人で行ってまいりました。

祖母+娘+孫 (←誰が中心だ?) の組み合わせですがからちょっとした家族旅行ですよね。

その体験話です。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ユネッサンへ家族旅行に行きました [お出かけ体験]

家族旅行に行きたいな~、と思いました。

なんとなく温泉に行きたい。

でも、子供たち(ちびっ子)はつまらないだろうから、子供が飽きないところ。

と、いうわけで、

水着で温泉に入れる=スパ ならぬ、 『 箱根小涌園 』 (現在は 『 ユネッサン 』 というらしい) に行ってきました。

節約のために金曜泊にした為、
大人1人朝夕2食付ユネッサンパスポート2日券付きで10,000円!
家族5人で計算すると、土曜日泊より3万円近く安くなったのでその分をお土産や道中の食事に回そうっと。。

ユネッサンでは、いろいろな変り種温泉に家族皆で入れるしプールみたいなのもあって子供たちもとても楽しんでいました[黒ハート]

良かった良かった v ・・・なんですが、
ここユネッサンは、ある程度経験値がないとなかなか・・・
時間ロスがあって道中(移動)にはわりと大変な思いをしました[ふらふら]

次回ならもっと効率よくできる筈。
でも、次回っていつだろう??

たぶん其の頃にはもう忘れているので、感想含め、メモがてら書いておこうと思います。

↓ちなみに、今回の予約は楽天トラベル。
別にどこでも良かったのだけど、クレジット使えるし、貯めてたポイント使えるしまた貯まるし(かなり少なかったけど) 結構よいかと思います。

箱根小涌園ユネッサンイン

箱根小涌園ユネッサンイン

  • 場所: 神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1297
  • 特色: 箱根小涌園ユネッサン内のカジュアルホテル。滞在中ユネッサン・森の湯が入り放題。


// ユネッサンへの行き方


ホテルへは小田原か箱根湯本駅からバスで行くとよいらしい。
(小田原から40分、箱根湯本から20分)

 「小田原駅からだと渋滞にかかる事があるので箱根湯本駅からの方がいいですよ。」

とかいうネット情報を発見。
よし、箱根湯本駅からバスだ! ・・と思ったら、金曜夕方に駅到着のためバスの本数が少ない=時間が合わない

じゃあ、タクシーでいいかー。
お金節約したし、夕食の時間がぎりぎりだから少しでも早く着きたいんだよね。

ということで、タクシーをアテにしたのは良かったが、、、箱根湯本駅には落とし穴がありました[たらーっ(汗)]

「タクシー乗り場こっち→」 という案内板に従って、乗り場という看板の前に着くと、
5,6人の行列、しかも待ちタクシーなし。
ええ!?急いでるのにー;
(一応事前調査では駅前にハイヤーが何社からある筈だった)

夕方から降り出した雨の為、屋根はあるけど少し寒い。
バスにする・・・?と思ったものの、すっかりタクシー気分だったのでバス停の場所が分からない。
仕方なく待つ事に。
が、なんか向こうの通りの方、タクシー素通りしていくんですけどー。
なんかおかしい(気がする)と思いつつ、前に並んでいる人や子連れ&雨降りが手伝ってその場から動けず。

結局乗れたのは駅到着から25分後。
ホテル到着は19時きっかりとなってしまいました。

夕食は19:30までの入場。
ユネッサン併設?の露天風呂は20時までの入場。
ひー、急げー、、、!!![あせあせ(飛び散る汗)]

折角夕食はバイキングだったのに、20分足らずで速攻食い。
20時5分前に露天風呂入場を果たしました。

露天風呂は雨で寒かったけど、それなりに満喫。
入場間に合って良かったー。

聞いたところによると、箱根湯本駅のタクシー乗り場は、
特定のハイヤー(1社のみ)しか使ってはいけない乗り場なのだそうだ。
つまり、駅からちょっと離れて通りに出ればすぐ乗れたんだよ、たぶん。
貴重な25分が・・・・。途中から数えて8台は素通りしていったので、相当もったいないことをしました。
夕食バイキングをもっとゆっくり味わいたかった。

(もともとの時間が遅かったのは、子供の学校が終わってから、とか、新幹線の時間とか、の関係上仕方なかったのです)

// ユネッサンインに宿泊


今回の宿泊はユネッサンインです。
子供(幼児)がいるので和室が良かったけど、残念ながら和洋室。

でも、「幼児がいるので移動しやすい部屋でお願いします」 と言っていたのでそのせいかな?
フロントと同じ階だったので移動は楽でした。
食事会場(レストラン)とユネッサンはやや遠かったけどね。

気候のせいか、冬なのに暑くて寝苦しく、夜中に何度も目が覚めてしまいました。
子供たちはほとんど布団かけてなかったような。

そのおかげか?翌朝は早く目が覚め、レストランへ。
朝食バイキングはゆっくりできました。
で、帰りには通りがかりの売店でお土産が目に付いたのでついでに購入。
さあ、あとは荷物まとめてチェックアウトしてユネッサンへGoだな!と順風満帆・・・と思いきや、
ん・・・? 「ホテル売店、20時半以降全品20%OFF!ぜひご利用ください~」 のチラシが目に入り。

し、しまった~。そういえば、昨日の夜通りがかった時に書いてあったような。
夜に買うんだった。

夕食→風呂のあわただしさで考える余裕がありませんでした。
ちょっと失敗。まあいいか。[ふらふら]

// ユネッサンで遊ぶ


これはもう楽しかったです。
施設の構成が3つのエリアに分かれている、というのを把握するには時間がかかりましたが。

ホテル(ユネッサンイン)のフロントで、お財布代わりとなるリストバンドをもらい、
ロッカーから一番近い場所にまず行くと、そこはたまたま 『湯~とぴあ』 というゾーンでした。
一通り露天風呂(コーヒー風呂とか緑茶風呂とか、いろいろあって楽しかった)をめぐり歩き、
25mプールに入って、あれ、もう終わり?・・・のわけないよね?

彼(だんな)に聞いても 「ここで終わりだろ~」
って、そんな訳ないよ。 >彼はもらったパンフをロッカーに置いてきていた[たらーっ(汗)]

受付らしきカウンターにあったパンフを見て、
「ここに行くにはどうするんですか?」と監視員の人に尋ねると、
「あっちの通路を通って行けますよ。」 と。
(パンフを見ただけではどうやって行くのか分からなかった)

早速移動だ!

大人の足では大したことないでしょうが、子供の足では結構遠かったです。
>移動速度が遅いから寒かったし。

「湯~とぴあ」 というゾーンと 「ユネッサン」 というゾーンは、 単に分かれているだけでなく、結構離れている事をここで知りました。 >少なくともお互いの場所からは見えないんですね。

「ユネッサン」 ゾーン は子供向けで、温泉というより温水プールのリゾートみたい。
子供たち大喜びです。

やりたかった 「ドクターフィッシュ」 は行列; これは無理かな~、と思ったけど、
終了時間近くなると列が大分減ったので、10分くらい待ってすぐに体験できました。>終了間近が狙い目?
ホントにすぐ魚が寄ってくるのでびっくり。
でも、お肌つるつるの子供たちの足にはほとんど寄ってきませんでした。
私を含め角質の多そうな大人の足には群がっていて、、に、におうのかな(何かが)・・・ちょっと微妙な心境?

外の滑り台も、冬で少し寒かったけど空いていたので子供たちは何回も滑って満喫したようです。

食事は持ち込み禁止なので施設内で食べますが、とにかく高い!
1.5割増しだろう、と予想はしていても、そこまで出して食べたいと思うものもなく
・・・一番安いメニューでお腹をごまかしました。

まあでもここまでの施設を保つのは大変そうだから
必要経費ってやつかな、とは思えましたが。

// 森の湯 (ユネッサン内の露天風呂)


それから十分遊んで、午後になるとやっぱりだんだん混んできたので>小学生の姿が増えたような
帰ろうかー、と森の湯(裸のお風呂=昨夜入った露天風呂)に移動する事に。

しかし、ここでまた混乱。

森の湯は着替えのあるロッカーからは相当離れている様子。
裸で風呂はいるんだから、当然着替えは必要なわけで。
でも、洋服の入っているロッカーまでは、水着で人々が歩き回っている通路を通らなくちゃいけない。
ど~すんの??

なので、取り敢えずロッカーに戻って洋服を持って行くことにしました。
でも、パンフ見ると、「森の湯ではホテル宿泊の人はロッカーは使えません。脱衣棚を使ってください」
と書いてあります。

じゃあ貴重品や荷物は持っていけないわけ??

なんだかはっきりしない不安?を抱えつつ移動。
しかし、これまた子供の足では遠い。
散々遊んで疲れ気味の下の子はもう歩きたくない、とばかりにグズり気味になってしまい、
こちらも初めての場所なので最短(最良)ルートを選択する事ができず、なんだか大変な心地に[たらーっ(汗)]

それでも何とか到着した露天風呂(森の湯)では昨夜同様に満喫。
ゆったりできて満足でした。

が、しかし、そこから帰るのにはまた迷ってしまいました。>これが一番最悪だった;

もうロッカーに用はないのだから、「ユネッサンを出ればいいんだよね?」と考えて
「総合フロント→」 の案内に従って行ったのが間違っていた。

総合フロントには、施設出口&リストバンドの精算機が。

(・・・お金持ってないし。)
>だって貴重品もろもろの荷物はホテルのフロントに預けてあるんだよ[ふらふら]

てっきり施設を出てからホテルフロントで荷物もらって精算するのかと。(←これは正解)
いや、でもチェックアウトは済ませたのだからここ(施設出入口=総合フロント)で精算するのか?(←これは間違い)

本当の正解は、施設出口ではなく施設内通路を通ってホテルのフロントに行かないとだったんですね。
(総合フロントはあくまで施設の出入口。ホテルではなく、日帰りなどで施設目的に来た人の為のものだったのですね。「施設からとりあえず出てその後ホテルフロントで精算」という考えは間違いだった訳です)

でも・・・、フロントに行き着くにはまたかなりの道を行かねばならない訳で。
足元?には 「もう歩きたくないわ」 な下の子が。
ついでにこの時、露天風呂で男女別れた為に BOY's(夫+子供2人)とははぐれていた。
着替えた服や靴(2人分)もあるし、いったいどーしたことか[たらーっ(汗)]

取り敢えずカウンターの人に相談すると、館内放送をかけて BOY's を呼び出してくれるという。
じゃあお願いします、としたが、果たして・・・?

そうして待ちながら色々と考えを巡らせて、ようやく正解に考えが到達しました。>もっと早く気づこうよ

以下、正解の道。
なんとなく、彼らは館内放送など聞いていない気がする。
彼はもともと施設へ貴重品を持ってきていたので、貴重品を持って行ってはいけない、という露天風呂に財布は持っていってない=貴重品を取りに再びロッカーに戻ることになる
(正確には露天風呂には貴重品ロッカーが別にあったけど)
ロッカーに戻った場合、一番近い出口はもともと来た道の逆行=ホテルのフロント
すなわち、今私達(Girl's)がいる総合フロントではなくて、ホテルのフロントにまず行って精算するのではなかろうか。

この時、待ち疲れた下の子は床(絨毯)の上で爆睡中でした。
仕方なく、2人分の荷物を持ち、17kgの子供を抱っこし、上り階段ありの道のりを行きました。
子供を抱っこしているせいで、重いし暑いしで汗が・・・せっかく露天風呂でさっぱりした筈だったのに~;;。

ぐったり気分でようやく彼ら(夫+子供2人)と合流。
「すげー待ったよ。」 とか言われるし、
でも、下の子の足に合わせずさっさと歩いていちゃって、合流場所の約束ができなかったのは君のせいだ!

そんなこんなで、 「子供がいるから空いている時間に帰ろうねー。」 の予定は、すっかり夕方に。
>日帰り観光客とかぶる時間なのでは;

温泉プールは楽しくて、子供たちももう一泊したい、とか言っていた位で良かったのだけど、
如何せん初めて訪れるには 混乱&迷いやすい場所でもありました。

次にもし行ったら、今回の事を経験にしてもっとさくさく移動できることと思います。

まあ、次に行くとしたら・・・来年かな?
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行
お出かけ体験 ブログトップ
Powered by So-net blog